エイジングケアを体験

美容皮膚科でのエイジングケアと言っても、いろいろなタイプの施術があります。例えばフェイスでも、しわ、たるみ、シミ、くすみなどがあります。例えばたるみというと、目元のたるみ、涙袋のたるみ、頬のたるみ、口の両脇のたるみ、顎のたるみなど。シミは、老人シミやカンパン、くすみなど。しわも目周辺の横皺、口の周りの縦皺、おでこの横皺、眉間の縦皺などさまざまです。フェイスだけでなく、体もいろいろなエイジングケアができます。例えば垂れてしまったバストをアップ。垂れたお尻や二の腕のたるみや脂肪吸引。お腹や太ももの脂肪吸引などもエイジングケアとしてよく行われます。

フェイスアップなどは、糸でのフェイスアップ、切開、それにレーザーなどが主流です。特に最近は糸や切開は繰り返すと不自然な状態になってしまうことから、自分の肌の力を高めるレーザー治療が人気となっています。またシミやくすみなどもレーザーで綺麗に改善することができるでしょう。しわなどはボトックスやヒアルロン酸注射ももちろんエイジングケアには欠かせませんが、肌の中でのコラーゲンの生成を高めたり、脂肪を落としたりなどレーザーが大活躍です。

エイジングケアには大きく分けて切る方法、切らない方法、そしてマシン治療がありますが、現在はナチュラルなできあがりの、切らない方法やマシン治療が人気です。しかし加齢が重度になると、どうしても切る方法しか改善方法がなくなってしまいます。そのためエイジングケアはできるだけ早めに行うことを心掛けましょう。